竹藪には1億円はありません!

皆さんは、「ロト6」というものをご存知でしょうか。 ロト6ができてから、まだそんなに歴史があるわけでもないので、中にはまだよくわからないので、なかなか手がつけられないという人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、そんなロト6のちょっと疑問について、少しずつ解消していくことにしましょう。 それによって、きっとロト6を買いたくなるはずです。
まずはそもそも、ロト6というのは何かということです。 「ロト6」というのは、1から43の43個の数字の中から、異なる6個の数字を選んで購入するというものです。 「数字選択式宝くじ」というもので、外国ではおなじみの宝くじ方式です。 このロト6、その歴史は前述のとおり、あまりありません。 2000年10月より全国で発売されたものです。
きっと皆さんが一番気になるのは、どれくらいのお金がもらえるのかということですよね。 1等の当せん金は最高2億円、理論値は約1億円となってはおります。 そしてロト6の特徴としては、キャリーオーバーというのがあります。 キャリーオーバーというのは、当せん金が発生しなかった場合、次回に繰り越すことを言います。 キャリーオーバーが発生した場合、1等の当せん金は最高4億円です。 ちなみにロト6の価格ですが、価格は1口200円ですので、とても買いやすいものです。


普通の宝くじですと、ある程度販売される時期というのが決まっています。 ですので、うっかり買いそびれたなんてこともありますが、しかしロト6は、1年中、原則毎日、午前8時から午後8時まで発売されています。 抽選日である月曜日と木曜日は、午後6時30分まで購入することができます。 購入できる場所は、数字選択式宝くじ売り場です。 ロト6では、どのように1等から5等までが決められているのでしょうか。
それを決定するのは、抽せんされた6個の「本数字」と1個の「ボーナス数字」です。 これらの数字が、自分が選んだ数字といくつ一致しているかで、1等~5等までが決まります。 当せん金額に関して、各回の発売総額と、当せん口数によって変動します。 ですから、他の宝くじのように、1等の金額があらかじめ決められているわけではありません。 では、万が一高額当選をしたらどうすればいいのでしょうか。 もちろん、高額当選をしたならば、換金をしにいかないといけません。 ただしその場合、当然ながら宝くじ売り場では換金をしてくれませんし、1億円なんて置いてありません。


ならどうしたら1億円を手に入れる事が出来るの!そう躍起になる必要はありません。
ロト6で見る億万長者の夢はあまりにも遠い…そう悲観する必要もありません。
そんなあなたにおススメしたいのは、ズバリ競馬です。
今、密かに人気を博している無料競馬情報を体験してみませんか?
ロト6にあるのがアメリカンドリーム的な夢だとすれば、競馬にはジャパンドリームとでも呼べる熱さがあります。
少しでも興味があるなら、今すぐに調べてみましょう。もたもたしていては、他の人に取られてしまいますよ?
もちろん、ロト6で億万長者を目指すならそれも良し。
でもせっかくなら、欲張って両方手を出してみませんか?