税金は前払い制

宝くじやロト6といえば、夢のようなものです。 もちろん買わない限りあたらないのですが、仮に当たらないとしても夢を見ることはできます。 ロト6の場合、キャリーオーバーもありますので、さらに夢も膨らんでいくことになります。 ただしここで気になってしまうことがあります。 それはもしも各種宝くじに当選した場合、税金(所得税や住民税)はかかるのかという疑問です。
せっかく当選をしたのに、所得税や住民税がかかってしまったのでは、夢もへったくれもありませんよね。 しかし安心してください。
宝くじの当選金が税金の対象となる事はありません。 個人が受け取る宝くじの当選金は非課税となっていますので、例え宝くじで3億円が当たった場合でも税金は一切かかりません。 税金がかからないということは、当然ながら確定申告も必要ありません。 仮に確定申告でもしようものならば、そこから当選情報がだだ漏れしそうで、怖いものがありますからね。


ではなぜ、宝くじなどは非課税となっているのでしょうか。 こんなことは、あまり知っている必要はないのですが、一応説明をしておきます。 例えばジャンボ宝くじの場合、約40パーセントは収益金となっております。 1枚300円のジャンボ宝くじの場合には、約120円分は、収益金となっているのです。
ではこの収益金はどこに行くのかというと、発売元の各自治体の収益となっています。 つまり、税金で収めているというのと同じことなのです。 ですので、宝くじが当たろうと外れようと、宝くじを購入した時点ですでに税金を払っていると同じことなのです。 当選金からさらに税金を搾り取られるなんて、そんなことはされるはずがありません。 ちなみに、クイズ番組で賞金を獲得した場合や商品を獲得した場合、テレビ局が自治体に収益金を支払っているわけではないので、これは税金がかかってしまいます。


そんな夢のような宝くじやロト6ですが、場合によっては税金がかかるということもあります。 話が違うじゃないかということですが、宝くじやロト6において非課税なのは、住民税や所得税の話です。 それ以外の税金については、課税の対象となることもあり、例えば贈与税です。
仮に当選金を家族や知人に分配をした場合には、1人110万円以上になると贈与税がかかってしまいます。 宝くじをグループで購入して、当選金を分配した場合にも、同様のことが言えます。 この場合には、全員分の署名捺印がある委任状があれば大丈夫です。